音楽は心の栄養です〜いのちと夢のコンサート〜

今日は、福岡で行われた『いのちと夢のコンサート』に行ってきました!

大好きな合唱作曲家 “弓削田健介さん” 通称ゆげちゃん😀

お仕事でもいつもお世話になっています。

全国で旅をしながら、現地での出会い・気づき・心が動いたことを曲にされ、教育機関を中心に結婚式、お寺、薬局どこでも演奏に行かれるスタイルで放浪の作曲家という名でも通っています。活動の原点は、学生時代にボランティアで通っていたホスピスでの演奏活動で、音楽のもつ力の大きさを感じられたことだそうです。

公演は年間150〜200回。

ゆげちゃんのコンサートは、「音楽にはメッセージが込められていること」を大切に、歌詞に込められた想いや、旅する中での一期一会の出会い・いのちの温かさや儚さを感じるお話をしてくれます。

今まで、何十回って聞いたけど、本当に何回聞いても笑いあり、涙ありの、優しい人柄溢れるゆげちゃんにしかできない素敵なコンサートだと思います。

旅をすると、たくさんの出会い・愛・そしてアイデアがある、というお話がありました。

ホスピスの患者さんでこんな風にお話しされた方がいたそうです

『人生は、「夏休み」みたいなものだったよ』と

『宿題のような大変なこともあるけど、沢山の友達と沢山の思い出が残るよ。』と。

また、アメリカのホスピスの患者さんにとったアンケートで、後悔していることはありますか?という質問に一番多かった答えは、

『もっと冒険しておけばよかった』

という答えだったそうです。

今の私、冒険、できてるかな・・・?

一度きりの人生。冒険し、沢山の人の温かさに触れ、友達と思い出いっぱいに過ごしていきたい。自分だけの、たった一度の人生だもんね。

小学生の時に歌った、【翼をください】の歌詞に感動し、

美空ひばりさんの【愛燦燦】を聞いて、大好きだった天国のおばあちゃんを思い出し少し寂しくなり、

青春の影(すごい好き)を聞いてちょっぴり切なくなり、、

大好きな『ふわふわ』という曲も生で聴けて、テンションが上がり♫

普段自分ではなかなか選んで聞いてなかったけど、素敵な音楽を沢山聞くことができて、心の栄養を満たして頂きました^^

フォークソング、好きです♫

音楽はこころの栄養です。